はるぴーのスウィーツ日記
気分転換に簡単なスウィーツやパンを焼いて楽しんでます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チーズクーペパン
チーズクーペチーズクーペ切り口
コストコで色鮮やかな大理石模様のコルビージャックチーズに人目惚れして
購入しました。
今回は、コルビージャックチーズを使って卵が入らない、チーズクーペパン
を焼いてみました。
フランスパンとは違って、砂糖、少量のバター、仕込み水として牛乳を使っているので、
食感は、ソフトです。
外皮は、少し固く、中身は軽く、柔らかくてとても食べやすくて美味しいかったです。

コストコのコルビージャックチーズは、907gの大容量ですがマイルドな味なので、
パン作りや料理で活躍してくれそうです

モラタメからのテーブルワイン 
「モラタメ」からタヴィルネッロ トレッビアーノ(白)1Lとタヴィルネッロ サンジョヴェーゼ(赤)1Lが届きました。(サントリーワインインターナショナル㈱から販売)
もらため ワイン
この商品は、胴体部分が八角形で大変持ちやすく、紙製なので軽いところが
大変気に入りました。
また、容器構造は、遮光性に優れて、光、熱、湿気による、開封前のワインの劣化を
抑えることが出来き、いつも美味しく頂けるので、よく出来ていると感心しました。

チーズクーペパンを焼いたので、ワインを頂いてみました。
ピザとの相性が良い赤ワインを最初に飲んでみました。
赤ワインは渋みがあまりなく、飲みやすかったです。
白ワインは、辛口ですがサッパリしています。(私の好みです)
赤・白ワインとも飲みやすく、いろんな料理にも合うワインでした。
このタヴィルネッロ トレッビアーノ(白)とタヴィルネッロ サンジョヴェーゼ(赤)
とても軽くて持ちやすいので、花見やアウトドアに重宝しそうだなと思いました。
最後にモラタメさん、サントリーワインインターナショナル㈱様どうも有り難うございました。





スポンサーサイト
せとかのオレンジピール
せとかせとか断面せとか11

パルシステム(生協)で注文した「エコ・せとか」が届きました。
「せとか」は、とても甘くてジューシなので、大好きな果物の1つです。
せとかは、アンコール、清見、マーコットの良いところを受け継いだミカンで、
希少だそうです。
このエコ・せとかは、除草剤不使用で、皮を捨てるのは、もったいないので、
手間がかかりますがオレンジピールを作つてみました。
ご存じの方が多いと思いますが、参考までに作り方を載せておきます。

準備:
○オレンジピールをつくる予定がある時は、塩でオレンジの皮をこするようにして洗らう。
○せとかを食べる時は、4等分に切って皮と実を綺麗に分けて、ビニール袋に保存する。
○包丁を研いておく。(皮の白い部分をスムーズに取り除くため)
せとか2せとか1
皮が沢山たまったら、ピール作りです。

注意点:
せとかの皮は、薄いので、煮くずれしやすいと思うので、火のそばを離れないで
火加減の調整をしてあげてください。

今回の材料:
せとかの皮 170g
グラニュー糖:140g(砂糖は、皮の重さの80%を2回に分けて使用)
作り方:
1.水が入ったボールにオレンジの皮を入れて3時間漬ける
せとか4
2.鍋にたっぷり水を入れて、沸騰させ2分位茹でて、ザルにあける。
せとか5
3.皮の内側についている白い部分を包丁で取り除く。
せとか6せとか7
4.再度、お湯を沸騰させ、皮を2分位茹でてお湯を捨てる。
(皮が薄いので、様子を見ながら中火~強火)

5.もう一度お湯を沸騰させ、皮を2分位茹でてお湯を捨てる。
(皮が薄いので、様子を見ながら中火~強火)
皮をお湯で3回茹でることで苦みが抜けるそうです。

6.皮を鍋に入れて、皮が浸るくらいの水を加え、砂糖100g(皮の重さの60%)を
加えて沸騰させ、弱火~中火で10分位煮て火を止めて1日置く
せとか8
7.2日目は、砂糖40gを加えて火にかけて沸騰させたら、弱火~中火で10分煮て火を
止めて1日置く
せとか9
8.3日目は、 一煮立ちさせて、弱火~中火で水分を少し飛ばす。
せとか10
9.割りばしなどで皮のシロップをきりながらクッキングシートの上に並べて少し乾かす。
せとか11
10.後は、ラップをかけて、ジップロックに入れて、冷蔵庫に入れて保存。

形が悪いオレンジピールの味見をしてみたけど、すごく美味しい
このピールでお菓子かパンを作ってみたいけど、作った量が少ないので、
お菓子を作る前に、お茶菓子としてお腹に消えてしまうかも・・・

また、ピール作りで余ったシロップは、コーヒーに入れてみたけど美味しかったです。



テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:趣味・実用

ヨーグルトフルーツブリオッシュ

フルーツブリオッシュを焼いてみました。
これは、以前習ったヨーグルトレーズンブリオッシュをアレンジしてます。
アレンジしているところは、強力粉に対して10%の薄力粉を加えているところです。
チョット不安でしたが、このブリオッシュ生地は、べたべたするので、丁度いいかもと
思い久々の冒険をしました。
焼きあがりは、ふかふかで美味しいパンとなってくれました。
今回、入れたフルーツは、オレンジピールと中途半端に余っていたワイルドブルーベリー、
ラムレーズンです。

<ケーク・オ・ショコラ>
この間、お菓子教室でケーク・オ・ショコラを習ってきました。
仕上げに溶かしたチョコをかけてあげるのですが、チョコの絞り方が悪くて
ドボッと出過ぎてしまいた。
見栄えが良くなかったので、おうちに帰ってから、粉糖をかけておめかしをしました。
うまく、ごまかすことが出来て良かった
お味は、とても美味しくて母と2人であっという間にお腹の中に消えて行きました。

ケーク・オ・ショコラケークショコラ切り口

<先生の抹茶のチーズケーキタルト>
前回、抹茶のチーズケーキタルトを作ったブログをアップしましたが、
先生のすてきな作品の写真を見つけることが出来たので、アップしておきます。
プロは、作成時間に余裕があるとこんなに綺麗にマーブルを作ることが
出来るですね!!

抹茶タルト先生作

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。